「やさしいそら」一番の勉強家、石橋さん

私(代表)の写真をブログに掲載すると、「やさしいそら」のスタッフから「私も紹介してほしい!」という声が聞こえてきました。なので、今日から、「スタッフ紹介」をしていきます!

第1回目は、やさしいそら訪問看護ステーション一番の勉強家、管理者の石橋裕美さんをご紹介します。

内科はもちろん小児科、精神科の経験もあり、とても勉強熱心な石橋さん。大学院で発達障害について研究し修士号も取得しています。私(代表)も大学院で発達障害の研究をしていたので意気投合し、一緒に働く仲間になりました!(研究の詳細については、後日紹介しますね。)

特に精神科での経験が長いため、認知行動療法、精神分析等に詳しく実践だけでなく組織に対してもその力を発揮してくれています。

なにより、ここぞ!というときに石橋さんが訪問することで利用者さん、ご家族がとても安心されます。そこには、看護師としての長年の経験、大学院で得た知識・理論的思考だけでなく、彼女自身がお母様の介護で経験したからこそ持っている共感力があります。

石橋さんを筆頭に、「やさしいそら訪問看護ステーション」はこれからも福島区とその周辺地区の在宅医療を支えていきますので、今後ともよろしくお願います。